Matsuo & Kosugi 弁護士法人 松尾綜合法律事務所
introduction practice attorneys recruiting

所属弁護士の紹介

過去に取り扱った事件
動産売買先取特権を利用した売掛金の回収
金属メーカーが、商社に商品を掛売りし納品していたところ、代金の支払を受ける前に商社が倒産しました。そこで、当事務所がメーカー代理し、動産売買先取特権に基づく物上代位権を行使し、商社が取引先である小売店に対して有する売掛金についての差押命令の申立を行いました。商社の破産管財人により商社の売掛金を回収されるおそれがあったものの、当所で早急な申立てと担保権の立証を行った結果、破産管財人が回収を行うのに先立って差押えを行い、メーカーの売掛金を回収することに成功しました(金子弁護士と共同受任)。
イギリス企業の日本進出支援
学生向けのサービスを提供するイギリス企業が日本に進出するのに際して、イギリス企業の各種利用規約を日本法(情報法、消費者法、国際私法等)の観点から精査し、問題点及びリスクの指摘並びにこれに伴う修正を行いました。その際、イギリス企業は、出来る限り、グローバルで統一的な規約を使用することを要望していたため、問題やリスクの重要性等を踏まえ必要最小限の修正を行うものとしました(西村弁護士及びジェイミー弁護士と共同受任)。
ストックオプションの設計
株式上場を目指している企業の役員及び従業員に対するストックオプションの付与について、会社法や税制適格の観点から付与要項のレビューを行いました(八木弁護士と共同受任)。