Matsuo & Kosugi 弁護士法人 松尾綜合法律事務所
introduction practice attorneys recruiting

所属弁護士の紹介

 石井 藤次郎 Tojiro Ishii
写真


経済が社会の生産・消費・雇用・貨幣などの生活基盤を対象とするなら、法の世界が対象とするのは「正義」だろう。司法というのは、様々な手続的制約により本質的にはあまり力持ちではないけれど、「最後の拠りどころ」として、小さくてもキラリと光り続けていられるかどうかがポイントだ。その中にあって、弁護士は依頼者の個別のケースに尽力するのが仕事だから、より紛争解決に焦点が当てられている仕事かもしれない。

弁護士として個別のケースに尽力する中で、自分を見失わないように絶えず大きな視野、複眼的思考を持つこと。先人が残した膨大な判例・文献の蓄積を前に、自分もそこから示唆を得て、さらに何がしかの貢献をすること。 そんなことを思いながら、日々の仕事をしています。

 
略 歴・職 歴
(略 歴)
昭和56年
昭和60年
昭和62年

平成8年
平成8年
平成16年
平成19年
(役 職)
平成9年
平成21年〜


立教大学法学部卒業
立教大学大学院法学研究科中退
司法研修所修了(39期)弁護士登録(東京弁護士会)
松尾綜合法律事務所入所
ニューヨーク大学 Law School 比較法修士課程修了
英国(ロンドン)Field Fisher Waterhouse 研修員(平成10年まで)
跡見学園女子大学非常勤講師 (法律英語)
明治学院大学法科大学院非常勤講師(アメリカ法)

東京弁護士会常議員
能美防災株式会社 社外監査役

委 員 会
東京弁護士会国際委員会(平成8年〜 委員長(平成23年、24年))
日本弁護士連合会業務改革委員会  
著  作

1.「いちばんやさしい商法入門」
  日本実業出版社 1994年
2.「不正競争防止法コンメンタール」
 (共著 発行:レクシスネクシス・ジャパン 出版:雄松堂 2004年7月)
3.「企業法務判例ケーススタディ300」(企業取引・知的財産権編)
 (執筆者発行:社団法人金融財政事情研究会 2007年)
4.「著作権法コンメンタール」
 (共著:レクシスネクシス・ジャパン 2013年5月)

主な業務分野 会社法、訴訟、倒産法