Matsuo & Kosugi 弁護士法人 松尾綜合法律事務所
introduction practice attorneys recruiting

所属弁護士の紹介

過去に取り扱った事件
執行判決及び債権回収
依頼者がアメリカ合衆国において認容判決を得た金銭請求権について(当該事件は受任せず)、日本において執行判決請求訴訟を提起し、認容判決を得たうえで、債権執行により、判決で認められた金額全額の回収を得ることができました(松尾弁護士と受任)。

再生債権者代理人として

賃借人が民事再生を申し立てた事件で、賃貸人の代理人として、未払賃料や原状回復費用等を敷金から控除する旨主張し、請求金額の約15%を返還するのみにとどめることができました(八木弁護士と受任)。

株式譲渡契約において

依頼会社が、ある会社から業務提携を求められ、株式を譲り受けることを条件として金銭を融資したところ、当該株式譲渡について譲渡予定会社の親会社が株式譲渡を認めず、結局株式を譲り受けられなかったにもかかわらず、株式譲渡契約(その後準消費貸借契約が締結された)に基づき、依頼会社(譲受予定者)が金銭を請求された事件について、依頼会社(譲受予定者)の代理人として、契約書等のみでは不利な状況を、証人尋問等によりこれを覆し、請求棄却判決を得ることができました(松尾弁護士、岩佐弁護士と受任)。

有料老人ホームの契約書チェック

有料老人ホームの契約書など一式を、より実態に合った、より機能的なものとするために、総合的な改訂作業を行いました(山岸弁護士と受任)。