Matsuo & Kosugi 弁護士法人 松尾綜合法律事務所
introduction practice attorneys recruiting

所属弁護士の紹介

 冨永 伸太郎 Sintaro Tominaga
写真

法律相談を受けるにあたって心掛けていることは、「一度、法律論を離れて考えてみる。」ということです。勿論、お客様からは法的見解を求められているので、最終的には、事案を法的に分析し、問題解決のための法的手段を提示しなければなりません。しかし、事案によっては、法的な視点だけで見ていると、紛争の実体やお客様のご要望を正確に把握できないこともあります。

そこで、先ずは、法律家の目線ではなく、例えば、「自分がお客様の立場だったら、(お客様の)相手方に対して、どのような対応をしただろうか。」とか、逆に、「自分が(お客様の)相手方の立場だったら、お客様に対して、どのような対応をしただろうか。」というような観点で、ご相談内容をお聞きし、その上で、疑問に思った部分や違和感がある部分を中心に詳しい事情をお尋ねするようにしています。自分の感覚が常に正しく、また、公平である保証はありませんが、それでも、お客様の悩みや紛争の根本的な原因を分析するにあたり、先ず自分の判断基準で考えてみることは、とても重要なことだと考えています。

また、法的アドバイスをするにあたっては、解決までの道筋を分かりやすく示すことを心掛けています。この考え方は、会社員として勤務していた時代に身に付いた考え方です。会社員時代に多くの稟議書や報告書を起案しましたが、当時の上司に愛情を持って厳しく指導していただいたお蔭で、要点を端的に示すことの重要性を理解することができました。

お客様には、各法的手段のメリット・デメリットを充分ご理解いただいた上で意思決定していただく必要がありますが、枝葉末節にとらわれ過ぎると適切な意思決定ができなくなる危険性があります。このような事態に陥ることがないように、解決の道筋をできるだけ分かりやすくご説明するようにしています。
 
学 歴・職 歴
平成2年3月
平成2年4月
平成9年7月 
平成11年10月
平成12年4月
平成13年10月
平成13年10月
平成13年10月
平成14年10月
平成15年7月
東京大学法学部卒業
東京海上火災保険株式会社入社
東京海上火災保険株式会社退社
司法試験合格
司法研修所入所
司法研修所修習生課程修了(54期)
弁護士登録(第一東京弁護士会)
椿法律事務所入所(平成14年9月まで)
松尾綜合法律事務所入所
米国(ダラス)The Center for American and International Law における
夏期講座修了
主な業務分野

会社法、労働法、保険法(保険金請求)の分野に関連する法律相談や民事訴訟
医療事故に関する法律相談や民事訴訟
倒産事件